第19回 かくれ猫背タイプ

2016年10月 7日 00:00

≪姿勢治療家の目指すもの≫
姿勢が悪いと、本来もっている機能を使い切れません。
背骨がゆがむと背骨を通っている神経を圧迫するため、
脳からの指示が体の各器官(胃・腸・目など)へ100パーセントで伝わらなくなります。
見た目だけではなく、体の内部で起こっている影響を意識してみてください。
あなたの人生の積み重ねが、背中に現れます。


≪今回のテーマ:かくれ猫背タイプ≫
「姿勢がいいね」と言われる方で、実は首が前にでてきてしまっている方。
長時間のスマホや下向きで作業する時間が多い方によくあるタイプです。
肩こりやヘルニアを引き起こす原因になる場合があります。

≪対処法≫
作業をする際、なるべく目線が下にいかないように
まっすぐの視線が確保されるよう環境を工夫をしてみましょう。
毎日の習慣として、
壁に背中と頭をつけて立ち、まっすぐな感覚を取り戻しましょう。
この時に違和感がある場合は、特に気を付けましょう。
胸をはるようなストレッチが有効です。