第24回 意外と知らない背骨の構造

2016年11月11日 00:00

背骨は26個あります。
各骨によって動く範囲が違います。

背骨は、脳から脊髄神経を守るためにあります。脳から骨盤まで繋がっていて、胸には、心臓肺を守るための肋骨が付いています。

背骨は、本来の位置にないと動きに制限ができ正しく体を動かせなくなります。
なんと、首の骨数はキリンも人間も7個です。

体には、無駄なものはありません。
以前まで、盲腸はいらないものと考えられていました。しかし、この数年で免疫に重要な役割をしていることがわかり、最近では切らないことが増えました。

人間の体は、神秘的です。
無限の可能性があります。
さずかった自分の体をマネジメントする事が大切です。

首が悪いことで、手に痺れがある。
これは、脳脊髄神経が、背骨の首の部分で圧迫させて痺れている事もあります。

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。