2016年12月アーカイブ

第31回 正しい立ち方について

2016年12月30日 00:00

正しい立ち方には、コツがあります。
小学校の身長測定の時
一生懸命高くしようと背伸びをしている感覚がベストです。

<正しい立ち方の基本となる姿勢の客観的なチェック方法>
①壁に背中をつけて立つ。
②踵・お尻・肩甲骨が壁にちゃんとついて立てているか確認する。
③ふくらはぎが壁についている。

<正しい立ち方>
①足を肩幅に広げて立つ。
②足が平行になるようにする。
 ※逆ハの字はNG
 ※タイルや平行なものを基準にすると平行にしやすい
③いつもの足の感覚と平行の感覚との違和感を感じてください。
 ※感覚の差が大きければ大きいほど体の使い方が
  間違っている可能性があります。
④手の甲を見たまま体の前で手を組みます。
⑤手の甲を見たままぐっと顔と一緒にあげる。
⑥手が上まであがったら顔をさげます。
⑦お腹が伸びている感覚を意識しながら手を戻す。
※この時の感覚が故障しない正しい体の使い方です。

背伸びで崩れたアライメントを
常に正常に戻しましょう。

歩くという事とは
足を前に出すというイメージが強いと思いますが
本来は体を傾けるだけで足は自然とでます。

猫背になっているとより足を出しづらくなります。
そのために、足の筋肉をつかってガシガシ歩くようになるので
足が太くなってきます。

ハイヒールは
正しい姿勢で足をすっと伸ばしてエレガントに歩くものです。


【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。


<姿勢力を高めるおススメ本>

GO WILD 野生の体を取り戻せ!
―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス―
(NHK出版)
ジョンJ.レイティ (著), リチャード・マニング (著), 野中 香方子 (翻訳)

<姿勢治療家(R)として>

食事、運動は人間にとって大切です。

現代、人間は人類の歴史の中でアップグレードしているわけではありません。
実は、退化している事実があります。

食事も味覚を満足させるものはドンドン開発されています。
しかし、本当に体が喜ぶ食事になっていません。

現代社会を不調なくすごすために
人間本来のアライメント(姿勢)で運動を週2回する。

そんな視点を伝えてくれている書籍です。

普段とは違う視点で世界を見てみましょう。
色々な気づきがあります。

今日の生活が、あなたの人生です。
難しく考えず
"今"できることから、より良い人生に選択していきましょう。

思い通りに動けるカラダが人生を豊かにします。
そのためにも日々の少しずつの習慣が大切です。
自分のカラダを是非!!取り戻してください!!

昨日よりも、今日動ければ運動です。

「今日も最高の1日だったな」と就寝時に感じるそんな過ごし方も
今研究中です。


【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。


立ち方や歩き方が悪いと足の形や裏にサインが現れます。
足裏や指をじっくり観察してみてください。
足が退化していて指が動かしにくい場合は
お風呂などで足指を一本づつ動かしてみてあげてください。

成長期に幅が狭い靴により足に悪い影響をあたえます。
ぜひお子様がいる方は自分の足もお子様の足も確認してあげてください。
足指を動かす事により冷え性などにも効果があります。
動きが悪い方は日々足指を意識して動かすことにより段々と動くようになります。

裸足に近い状態でのランニングは特におススメです。
特に山の中などは、裸足に近い方が人間は走りやすかったりします。
感覚が敏感になり人間が本来持っている機能が研ぎ澄まされます。

やっぱり走るにも
正しい姿勢で人間の本能を呼び戻す事が不可欠です。

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。


足の指、足全体を使えないことで外反母趾になっています。
立っているときの安定感に特に影響があります。
電車で揺れがひどくなっている方は要注意。

ヨーロッパ諸国では自分の木型があり
自分の足にきちんとあった靴をはく文化があります。
靴選びでは、なるべく足をいじめない靴選びをしましょう。
特に女性の足先が細い靴は、外反母趾になりやすくなっています。
どうしてもデザイン重視で靴やハイヒールを履きたいときは、移動の間は別の靴を用意し必要な時間だけ履き替えて履くようにしましょう。

学校指定の革靴は、危険が多い。
足の機能を落としていることも多い。
お子様は自分でなかなか言う事ができないので、
こまめに足にあっているか指先が靴にあたっていないか注意深くみてあげるようにしてください。

足のストレッチも外反母趾に有効ですので
毎日メンテナンスをするようにしてみてください。

ハイヒールは、エレガントにみえるためにオススメしています。そのためには、使い方を学ぶ必要があります。

ハイヒールは、ちゃんと正しい姿勢を保つことができる体ができていない方が履くと足を壊してしまいます。

踵加重で立つと外反母趾になりやすくなります。
ハイヒールは足指力をアップさせて履きましょう!!
ヒールを直すことが頻繁にある方は、歩き方ができていません。
姿勢が整っていると外反母趾にもなりにくいです。


【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。


30代後半、
冷え性、便秘、肌荒れ、ムクミ・生理痛で困っていませんか?

姿勢で見た目が変わる。

その印象は、正しいのですが、実は!!
もっともっと、すごい影響があります。

背骨には、脳から体全身へつながっている神経の集まり、脊髄神経が通っています。
背骨の働きが悪いと
脊髄神経の働きに影響を与えてしまいます。

さらに、姿勢が悪いと
体中の臓器の位置も正しい位置でなくなってしまいます。

本来の位置であれば
血液循環が循環しやすい設計になっていても
座りっぱなしで、姿勢が悪いことで
循環を悪くして
生理痛や、冷え性を招いていることも。。。

人間も元々、動物です。
動かして初めて、本来の機能が発揮されます。
24時間の中に体を動かす基本の姿勢習慣を作りませんか?

2017年こそ、
人間らしい本来の動きを取り戻して
体調不良から脱却しましょう!!!!

正しい姿勢には、素敵な引き寄せ効果も!!

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。