第55回 姿勢を正しているのに喉がつまる!?

2017年6月16日 00:00

リスナーM.Kさんからいただいた質問にお答えします。

<質問>
もともと猫背気味で姿勢が悪く、腰痛があります。
解決方法についていろいろ調べておりましたところ、このPodcastに出会いました。
Podcastを聞き始めたおかげで、腰痛の改善のために「耳の後ろを引っ張られているような」良い姿勢を心がけよう!という意識に変わってきました。

そして、普段から良い姿勢をキープする時間が増えてきたと感じています。
腰痛改善のためにも、続けていこうと思っています。ありがとうございます。

このような状況ですが、1点ご質問させて頂きたい次第です。
前述の「良い姿勢」をすると、のどがつまるような、また呼吸が浅くなり息苦しいような感覚があります。
このことが起きるのは体がどのような状態になっているのか、先生のご見解をお聞かせ頂けないでしょうか。

更に調べますと、ストレートネックとこの息苦しさに関連性があるといった記事もあるように見受けられます。
この息苦しさについてストレートネックは関連があるのでしょうか。

考えられる原因や対策など分かる範囲で構いませんのでお聞かせ頂けたら幸いです。
ご多用中に恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

<回答>

「良い姿勢」をしているのに
のどがつまるような、また呼吸が浅くなり息苦しいような感覚がある理由として

第一に考えられることは

1)頚椎・胸椎の可動範囲の低下
2)斜角筋・僧帽筋・大胸筋などの、筋のバランスの不良

今までの姿勢が悪かったために、
正しい姿勢を取る際に、気道を狭くする状況になっていること。

頚椎の可動範囲低下や
胸椎の可動範囲低下が疑われます。

ラジオ内では【正しい首の回旋簡単テスト法】を
紹介し、可動範囲がなかった場合の対策方法も
話させていただきました。

正しい姿勢で体を使う時間を徐々に増やしていくのと、
胸椎・肩甲骨の動きを取り戻すストレッチを同時に取り入れるのを
おススメいたします。


ブログにQ&A記事アップ致しましたので
ご参考にしてみてください!!
http://takaakinakano.com/shisei/

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

仲野孝明公式ページ
http://takaakinakano.com/